カンパ シャマル C17 ワイドリムは・・・・。

本日もブログ閲覧ありがとうございます!
カンパニョーロ(campagnolo)ホイール専門店、カンパホイール専科です。

 

カンパニョーロ、アルミホイールの最高峰、「シャマルウルトラ」のニューバージョン「シャマルウルトラC17」のご紹介です!

C17?何のこと?リム幅なのです。シャマルウルトラも17mmのワイドリム化なのです。

これまでのシャマルウルトラと何が違うのか?

20160321_02b

カンパニョーロでは、シャマルウルトラのマイナーチェンジ扱いで「シャマルウルトラC17」が正式名称です。

種類はクリンチャー用のノーマルタイプとチューブレス・クリンチャー両方対応の2Way Fitの2バージョン。

2mm増のワイドリム化

なんといっても特記すべき変更点はリムのワイド化です・・・・。

これまでのシャマルウルトラのリム幅15mmから17mmに変更され、リム幅が2mm増となり、

これは主には今まで主流であったタイヤサイズ23Cから、25Cと28Cに対応し最適化するためです。

ここ最近は各メーカー挙ってリムのワイド化を図ってきましたが、とうとうその波がシャマルにも押し寄せてきました。

このシャマルウルトラC17自体がタイヤサイズ25Cと28Cメインタイヤとすることを想定して作られています。

なので、23Cは使えません・・・・。

 

ワイドリムのメリットとは?

そもそもリムがワイド化するとどうなるのか、すごく気になると思います・・・・。

説明しますと、これまでの15mm幅でもタイヤサイズ25Cは使用できましたが、

リムとタイヤの間の結合部分の幅が大きくなり、斜め前から風を受けた際に空気抵抗が大きくなってしまうのが

これまでの15mmリムと25Cタイヤの組み合わせの欠点でした。

その2つを克服するための17mmワイドリム化です。

リム幅が広がることによりタイヤ幅の大きい25Cや28Cでもすっぽりとリム内にハマってくれるます。

タイヤを装着した状態でタイヤとリムの断面を見た際により一体化して丸く収まるイメージです。

そのためサイズの大きなタイヤを装着した場合でもタイヤのたわみと空気抵抗の削減が可能となります。(理論上)

 

その他のスペックは?

シャマルウルトラC17の基本的な構成自体はこれまでのシャマルウルトラとほぼ変わりません・・・・・。

ワイドリム化したことにより70gほど重量が増えています。

シャマルウルトラC-17の基本スペック
ハブ:USB
重量(カンパ用ハブの場合):
クリンチャーモデル:前後で1495g
2Way Fit:前後で1505g

走行性はどうなの?

はたして、前シャマルと比べてどうなの?が一番きになるところ。

完全な乗り比べではないものの、参考程度でインプレを書いていきます。

前シャマルに23Cタイヤで、C-17には25Cタイヤ。

 

まず漕ぎ出しは、若干C-17の方が重く感じる。

これはワイドリム化のよる重量増と、タイヤの重量増です・・・・・。

その分、安定しているように感じる。

加速、巡航などでは少しマイルドになった感じがします。

これはワイドリムというより、25Cの恩恵だと思います。

ワイドリムでリム自体の剛性は上がっているはずなので・・・・。

転がり抵抗が25Cで下がっているのか、重量増で慣性が効いているのかわかりませんが、

スピード維持するのはラクに思いました。

そして、振動吸収も25Cなのでよかったです。

 

こんな感じで、さほどの違いが無いように思いました。

乗るまでは重量増で、あまりよくないだろうと思っていたので、嬉しい結果でした!

新しいカンパ、シャマルC-17を一度お試しください!

campagnolo shamal C-17(カンパニョーロ シャマル C-17)

 

そんな方をカンパホイール専科 がサポートいたします!!

その他ホイール最大32%OFF!!国内正規品!

 

お困りなことありましたらご相談ください。

どんな些細なことでもOKですよ!

お問い合わせ  はこちらまで!!