カンパニョーロ 2018モデル 発表!!

いつもご閲覧ありがとうございます。

カンパホイール専科です。

今回はニューホイールが発表させたのでそのへんをご紹介します。

 

まずは、BORA ウルトラとBORA ONEがマイナーチェンジ。

なにが変わったのかと言うと、

●ブレーキ面の加工が、AC3テクノロジー(All Conditions Carbon Control)に変更され、特に濡れた路面でのブレーキ性能が向上します。

と発表されています・・・・・。

B O 2018 アップ 

分かりにくいですが、リムに加工がしてあり、水分など水はけが良くなっています。

カーボンリムの弱点を改善してきたということですね。

雨の日のカーボンホイールは全然止まれませんからね・・・・。

 

次に、シャマル、bora、にディスクブレーキが登場!!

去年、ゾンダのディスクブレーキが出て、私も使っているのですが

ハイエンドモデルも投入してきました。

もちろん買える余裕もなく、当分はZONDAでガマン・・・・。

まあ、ゾンダもいいホイールなので((笑)

シクロクロスの会場などでトップクラスの選手は使ってくるのではないでしょうか?

今までだとカーボンリムでは、リムの減りが早く何シーズン持持たなかった・・・・。

しかし、ディスクならリムの減りの心配もなく、ガンガン使えます。

これは本当にメリットでしょうね・・・・。

最後にシロッコもモデルチェンジ。

公式の案内から


特に、風を名前のルーツに持つシロッコ™ の35 mm プロファイルは、その特性を体現しています。ハイエン
ド・カーボン・ホイールに代表される35 mm ハイトのリムは、多才なエアロ効果を発揮し、どんなコンディショ
ンにも対応することができます。風を正面から受けるときは抵抗を軽減し、横風を受けるときは安定した走行
を可能にします。その優れた空力効果のアドバンテージは、カーボン製ホイールの購入を検討しているライダー
にとっても興味深いものでしょう。C17 プロファイルは、より最適なタイヤとリムのインターフェースを生み
出し、操作性と快適性を向上させるだけでなく、高いエアロ効果を生み出します。25 mm と28 mm クリン
チャー・タイヤに最適化されたワイド・リムは、タイヤを一体化するような形で装着でき、嵌合エリアが生み
出す乱流の発生を抑えることができます。
エンジニアたちが多くの手間を掛けて開発したシロッコ™ の性能は、初めて乗車した時から一切妥協すること
なく、ずっと継続していくことでしょう。構造的に優れた統合性を持つ溶接リムは、整ったブレーキ面を持ち、
接合部を接着したタイプのホイールと際立つ差を生み出します。スポークを内部でサポートするインサートを
w w w . c a m p a g n o l o . c o m
採用し、リム内部のテンションをより効果的に配分することによって、製品の寿命は大きく向上しました。
ハブとアクスルはアルミ製で、重量は最小に抑えられています。リア・ホイールはメガG3™ のオーバーサイズ・
フランジを採用することで、横方向とねじれに対する剛性、そして反応性が大きく向上しました。
カンパニョーロ、HG11 ともに、トップエンドのホイールと同じフリー・ホイール・ボディーが採用されてい
ます。フロント・ホイールはステンレス・スチール製のバテッド・エアロ・スポークを16 本、ラジアルに組み、
軽量で空力に優れた構造に仕上がっています。リア・ホイールはドライブ側に14 本、反ドライブ側に7 本配
置した独自のメガG3™ を採用し、左右非対称のユニットがパーフェクトな左右対称になるようなテンション・
バランスを実現しています。
シロッコ™ は様々なテクノロジーをひとつのパッケージに収め、すぐにレースに使用できるホイールをお求め
やすい価格ですべてのライダーに提供します。メガG3™ やニップル・インサートなどカーボン・ホイールに
用いられるテクノロジーを惜しげもなく採用し、エアロダイナミクスと基本設計においては、同等グレードを
大きく引き離すバリューを実現しています。注目すべき重量は1 , 654 g で、ヒルクライムに挑戦するライダー
にとっても最適なホイールだと言えるでしょう。

 

とあります・・・・。
35mmハイトで、この重量はいいですね!!
価格は46800円。
最初のアップグレードとしてはコストパフォーマンスはいいですね。

 

こんな感じで2018年モデルが出てきます。

デリバリーは7月10日からです。

予約受付ています。

2018 BORA  ONE 50 クリンチャー

価格も少し上がります・・・・。

またご不明な点ございましたら、
カンパホイール専科までお問い合わせ下さい。