フルクラムのラインナップ

ブログ閲覧をしていただき、ありがとうございます!!
カンパニョーロ(campagnolo)、フルクラムホイール専門店、カンパホイール専科です。

今回はフルクラム(Fulcrum)のラインナップです!

2019モデルではディスクホイールも含め、沢山ふえました。

無くなったモデルもありますが・・・。

まずは、カーボンリムで‘‘より速く走る‘‘ために、

プロチームとの共同研究で開発され、

フルクラムのレース用ホイール‘‘SPEED‘‘シリーズ。

フルカーボンの軽量性

卓越したエアロ性能で、

圧倒的なスピードを生み出します。

40cスピード

:スピード 40Cクリンチャー 
クリンチャーながら、

最高のスピード性能を誇る、

高速巡航用の最新モデルです。

40mmハイトのリムは、平地のみならず

ヒルクライムでも実力を発揮する

オールラウンドなホイールです。

最先端に進化した”SPEEDシリーズ”
スピード40クリンチャー。

レーシング・クアトロ カーボンが発表された後、フルクラムのR & D部門は更なるパフォーマンスを求めてプロジェクトを進めてきました。

40mmのハイトと24.2mmの幅を持つ”スピード”のワイドリム・・・・。プロフェッショナル・レベルの”スピード40T チューブラー”が、そのままクリンチャー・バージョンに進化したものと言えるでしょう。

使いやすいクリンチャーリムは使う人を選びません。
カンパニョーロのBORA 35よりも5mmリムハイトが高いだけで、見た目のイメージがガラッと
変わります。しかもボーラ50みたいにハイトが高くないので横風などの影響も受けにくい。

どんな方におすすめ?
スピードに乗った時には巡航はらくになります。
クリンチャーなので超軽量とはいきませんが、アルミリムの超軽量と同じくらいです。
がリムハイトが40mmあることを思うと軽いですね。
上りでも、平地でもオールマイティーに使えるホイールです。
どちらかといえば平地よりです。
35mmや50mmのネガティブなところをなくしたちょうどいいホイール。

 

;スピード40T

こちらは、スピード40のチューブラーホイール。

プロフェッショナルな素材(マテリアル)として

フルクラムのフルカーボンホイールの代表である”レーシング スピード”を更に進化させた”スピード40T”。

名前も‘‘レーシング‘‘が外れて、スピードのみに短縮。

最新の設計技術を余すことなく投入。

その結果レーシング・スピードよりリムが4mmワイド化。

重量もF 525g、 R 683g(HG:688g)と軽量ホイール。

安定性、操作性、空力性能ともに大きく向上し、ヒルクライムからTTまで、

オールラウンドに対応できるホイールに生まれ変わりました。新世代のフルクラム代表格”スピード40T”の誕生です。

リム フルカーボン チューブラー
3Kフィニッシュ
40mmハイト 24.2mm幅
ブレーキ面3Diamant処理
ハブ カーボンボディー
アルミフランジ
CULTベアリング
プラズマ電解酸化フリーボディー(HGのみ)
スポーク ステンレス エアロ
F18本ラジアルR21本2to1
フリーボディ シマノ 10/11s
カンパ 10/11s
重量 F 525g
R 683g(HG:688g)

 

;レーシング ゼロ

R0

アルミ最高峰「レーシングゼロシリーズ」です。

踏み出すパワーをロスなく地面へ伝えるため、リム、スポークの剛性が高く設計されており、

驚きの加速性能と推進力を生みだし、レース中の速度変化へ対応します。

またC17ワイドリムによる、快適性や操作性の向上により、

どのシーンにおいても最高のパフォーマンスを発揮してくれます。
の他に、

プラズマ酸化電解処理されたリムでブレーキ性能を上げた、レーシング ゼロ NITEと

CULTベアリングと1本だけ赤いアノダイズド・スポークで、

トップ・レベルのテクニカル・スペックと美しさを兼ね備えた、レーシング ゼロ  Competizione 2WAY 。

そして、カーボンリムでレーゼロの性能を更に進化させた、レーシング ゼロ カーボン。

この4種類のモデルのラインナップがレーシング ゼロ シリーズです。

 

レーシング7がラインナップから無くなり、新たに加わったのがレーシング6。

R6

レーシング7から引き継ぎ、エントリーモデルながら
しっかりとしたパフォーマンスを発揮できるスペックを持つ。

まず重量面から見ても、1760gと他のメーカーのエントリーモデルと
比べると、明らかに軽い・・・・・。

完成車に付いているホイールからグレードを上げて楽しみたい、
練習や普段使いでガンガン使いたい方におすすめします。

 

次はレーシング5。

R5 2019

レーシング5LGから‘‘LG‘‘の文字が無くなり、2019モデルでは、オーバーサイズフランジの形状を変更して、

わずかながら軽量化に成功しています。重量は1650g と軽量ホイールです。

2019新モデルから採用のブラックアルミニップルと、5ロゴがフルクラムの代名詞の赤色の存在感で

足元がしっかりと引き締まり、デザイン性が高くなりました。

 

次も新しいレーシング4。

R4

といっても以前のモデルはレーシング クワトロ。

となると、クワトロはなんといっても35mmハイトのエアロリム。

その効果は、平地での素晴らしい高速巡航です。

また2:1スポークと、 新しいオーバーサイズフランジでかかりが良く、
ヒルクライムにおいても、しっかりとパワフルな走りを実現します。

 

次は定番、レーシング3。

R3 c17

ここは、ホイールアップグレードの定番、カンパのゾンダと匹敵するモデルです。

軽いし、よく走る・・・・。言うことなしのホイール。

平地でも、峠などのアップダウン、上りでもオールラウンドに使えます。

 

最後にレーシング クワトロ カーボン。

 

カーボンクワトロ 

40mmハイトのリムで、平地でも山岳でも使える、オールラウンドホイール。

レーシングゼロ カーボンとの比較ですと、

平地の巡航などですとクワトロカーボンで、

軽い分、上りはレーゼロ カーボンに分があります。

しかしながら、重量は1555gと、40mmハイトではかなり軽量のホイールになってます。

価格面でも、分がありますね!

こんな感じでフルクラムのラインナップを紹介してみました。

価格はカンパホイール専科HP         

で確認してください!!

 

またフルクラムの修理、振れ取り、リムやスポークの交換もいたしますので、

お気軽にご相談下さい!!