正しいカンパ ホイールの選び方!タイヤ編。

いつも閲覧ありがとうございます!
カンパニョーロ(campagnolo)ホイール専門店、カンパホイール専科です。

今回は・・・・・・

正しいカンパホイールの選び方!  タイヤ編

 

ロードバイクを買って、何か交換したくなる・・・。最初に交換したくなるのがホイール。なぜか?

一番効果がわかりやすいからです!実際、走りが変わったのが実感できるのがホイールの交換だと思います。今回は買って後悔しない、ホイール選びをお教えします!今回タイヤ編です。

タイヤの種類は?

ロードバイクには大きく分けて現在では3つの種類のタイヤが使われています。その3つとは、、、、、

1 クリンチャータイヤ  crincher

タイヤの内部にチューブが入っています。特徴としては、チューブとタイヤは分離しているので、パンク修理はチューブの修理もしくは交換だけで済みます。メンテナンス性はとても優れていますが、デメリットとしてリム打ちパンクしやすい。
あと、リムが重くなるなどがあります。

 

2 チューブラータイヤtubler 

カンパではBora(ボーラ) シリーズなどがあります。タイヤの中にチューブを入れて縫い合わせて一体化しています。一番古くからあるタイプです。パンク修理は素人ではほぼ不可能で基本、使い捨てになります。またホイールにはリムセメントと呼ばれる専用の接着剤で貼り付けかリムテープで貼り付け。接着剤の場合、乾燥に約1日かかります。
めんどくさそうに見えますがメリットが大きい。まず、リム打ちパンクが少なく、パンクリスクが減る。
そしてリム重量が軽い。ホイールが軽量に出来るのがこのタイプ。

 

3 チューブレスタイヤtubeless

カンパでは2way-fit。Shamal ultra(シャマル ウルトラ) やEURUS(ユーラス) 、Zonda(ゾンダ) があります。

構造は自動車と同じ構造でチューブ無い。
メリットとしてリム打ちパンクしない。
同じ太さの場合、クリンチャーと比較してチューブの分だけ空気が多く入るので乗り心地がしなやか。
チューブとタイヤの内部摩擦が無いのでロスが少ないので転がり感がよい。
パンクしてもチューブを入れればクリンチャータイプとして使える。
デメリットはホイールへの装着がムチャクチャ大変である。
リムとの相性によっては空気漏れをする。
タイヤの種類が少なく値段が高い。

 

まとめ——

3つの種類のタイヤ、だいたいわかっていただけたでしょうか?普段使いならダントツでクリンチャータイヤが使い易いです。ほとんどの人が使っているのではないでしょうか・・・。しかし、レースでは未だにチューブラータイヤの人気もあります。また、タイヤの進化の歴史を見ていくと、将来的にはチューブレスタイヤに変わっていくのでは?

しかし、めんどくさいチューブラータイヤが使われ続けられています。理由としては、コーナリング性能がいい。それと軽さが良いのと、転がり抵抗が少ない。やはりレースでは一番信頼度が高いと言えます。ディープリムのホイールがほとんどこのタイプ。しかし去年ぐらいから、カーボンのクリンチャーリムを各社が出してきました。その為、ディープリム=チューブラータイヤでは無くなりました。Bora (ボーラ) のカーボンクリンチャーは衝撃でした。

チューブレスタイヤはメリットはあるのですが、まだまだタイヤの種類が少ない・・・。もう少しラインナップが欲しいですね。

このようなメリット、デメリットがあり、さまざまなシーンで使い分けができるのが良いですね。
次回は素材編です。
お楽しみに!!

またcampagnolo(カンパニョーロ)ホイールでお困りなら

いつでもご相談ください!!