ZONDA(ゾンダ)の実力は・・・・?

ブログ閲覧ありがとうございます!
カンパニョーロ(campagnolo)ホイール専門店、カンパホイール専科です。

今回も!!オススメホイールを紹介します。                                誰でも手が届きやすいホイールをひとつ・・・・。

カンパホイールでコスパ最強!!

これはZONDA(ゾンダ) でしょうね・・・・。このホイールは中間グレードに位置し、上級グレード並のスペックを誇ります。                              じゃあ、ゾンダでいいでしょ!という声も・・・。他のホイールとの違いを説明していきます。

他のホイールとの違いは?

まずアルミリムホイールの重量を見ていきましょう。
シャマル ウルトラ クリンチャー F605g R820g 合計1425g                    ユーラス クリンチャー      F640g R825g 合計1464g                 ゾンダ  クリンチャー      F670g R880g 合計1550g                  1500g台というのは、アルミホイールではかなり軽い部類です。重さの違いは上位2つとはスポークが違います。シャマル、ユーラスはアルミスポークでゾンダはステンレススポーク。ここに大きな差があります。
もちろんG3。16052508-00

このスポークの素材で乗り味に違いがでます。アルミスポークである2つは剛性が高く硬い感じのフィーリング。ステンレススポークを使用しているゾンダは、少しマイルドな感触。ただリムが前回のブログで書いたようにリムがしっかりしているので、よく走る。これは間違いありません。よく走るのにマイルド。軽さも申し分なし。元プロライダーで今はブルベなどの達人であるMさんもブルベなどにはゾンダを多用しているみたいです。ブルベでは長い距離を走るのでトラブルの少ない信頼できるモノで、性能のいいモノが求められます。そんな中でゾンダを選んでおられるのは、どういうホイールはおわかりでしょう。

価格の違いは?

コスパ最強というぐらいですからね・・・。値段も見ていきましょう。

シャマル クリンチャー 152000円                                   ユーラス クリンチャー 122000円                                           ゾンダ クリンチャー  64000円

この違いです!!ユーラスと比べると約半分の値段。値段が倍になったからって、性能が倍に!ってことにはなりません・・・。なかなか自転車にお金がかけれないけど、自転車の性能を上げたい方にはゾンダです。

どんな人にオススメ?

先ほども書いたように、完成車についてる鉄下駄ホイールからいいホイールにかえたい!でもなかなかお金がかけれない方に最適です。軽くなるので、登り坂も楽になります。よく回りますので平坦も楽になるでしょう。よく体感できますか?という質問いただきますが、体感できます!あきらかに変わります。                       あとはこれも先ほど書いた、ブルベのような過酷なシーンでも使えますし、一番のオススメはロングライドを楽に走りたい方にはベストではないでしょうか?                  ゾンダにいいタイヤを付ければ、レースだって出られます。シャマルやユーラスには及ばないものの、十分いい結果が期待できます。あと、レースにでる方には、練習用でも使えます。決戦ホイールになるべく近い感覚で練習できるので、決戦ホイール換えた時の違和感が少なくて済みます。ペダルの回し方や、ダンシングの感覚・・・・。これを普段からレース時に近い感覚で練習できるのはいいですね。                やはりコスパが高いからできることです。

あと、ゾンダにもチューブレスタイヤも使える2way fitがラインナップされています。これでチューブレスを使いたい方にもゾンダは使えます。

 

こんな具合にゾンダ、オススメです!

 

そんな方をカンパホイール専科 がサポートいたします!!

お困りなことありましたらご相談ください。

どんな些細なことでもOKですよ!

お問い合わせ  はこちらまで!!